46歳からのバイオリン練習日記 のんびり楽しく。バイオリンレッスン開始から日です。

根本明徳 Sonata&Partita for Solo Violin Concert

| コメント(0)

根本明徳 Sonata&Partita for Solo Violin Concert

「空音舎おなじみ!熱情のヴァイオリニスト、根本明徳のソロヴァイオリンコンサート。」

2018年6月23日(土)開演15:00
空音舎

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ・パルティータ 
・ソナタ第1番 ト短調 BWV1001
・パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004

 20180626DgVaZZuVQAAU4UH.jpg

根本さんはC's Ensembleメンバーで、そのつながりで知り合いました。
上のキャッチコピーに偽りはなく、とても熱い演奏をされる方です。

ソロを聴くのは、今年1月7日(日)のアンサンブル アコルト Vol.4.5 でのソナタ第1番以来。

ここのところ、サッカーW杯の影響もあって寝不足気味で、無伴奏、寝たら失礼だし、やばいやばいと思っていたのですが、そんな心配はいらない演奏でした。

ソナタ第1番は、1月の時よりも熱情を抑えた演奏だったように思います。それでも、人を引き付ける力は変わっていませんでした。あっという間に終わってしまいました。
休憩をはさんで、パルティータ第2番。ソナタ第1番よりもさらに音の響きが豊かに感じられ、驚きました。

そしてシャコンヌは、それが素晴らしい演奏であればあるほど、音の中での内省に入って行けます。
僕は、ここのところ自分の中で一部後ろ向きだったところを振り返り、少し前向きに切り替えることができました。

いい時間だったな。。。

 


-----
「根本明徳 Sonata&Partita for Solo Violin Concert」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、SLANが2018年6月26日 22:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「HNMSレッスン347」です。

次の記事は「HNMSレッスン348 発表会曲決まる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ブログ村ランキング