46歳からのバイオリン練習日記 のんびり楽しく。バイオリンレッスン開始から日です。

ヴァイオリン職人の探求と推理

| コメント(2)

ヴァイオリン職人の探求と推理 
ポール・アダム
創元推理文庫

ミステリーはたまに気が向いて読んではみるものの、がっかりすることが多い(頭がSFなので、どこかぶっ飛んでないと物足りない^^;)のですが、これはヴァイオリンの薀蓄満載で面白かったです。


-----
「ヴァイオリン職人の探求と推理」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m

コメント(2)

こんにちは。
私も読みました。
ミステリとしては「う~ん」という感じでしたが、
ヴァイオリンに関するウンチクは面白かったです。
しかし弾かないのに楽器だけ集めているコレクターって、
ホントにいるんでしょうか?

木曽のあばら屋さん、コメントありがとうございます!

そうですねー、ヴァイオリン職人に興味がない人には薦められないですね(^^;

弾かないのに楽器だけ集めてるコレクター、いるでしょうねー。
それこそが“コレクター”ではないでしょうか(笑)

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、SLANが2014年10月 1日 01:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「HNMSレッスン184、185、186 + 発表会のご案内」です。

次の記事は「HNMSレッスン187」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ブログ村ランキング