はじまりはいつもA線~バイオリン日記~

46歳からのバイオリン練習日記 のんびり楽しく。バイオリンレッスン開始から日です。
 

HNMSレッスン384、385

| コメント(0)

先週は肩の痛みが怪しくてレッスンをお休みしました(T_T)
炎症を起こしていたりするわけではないので、安静にしていれば・・・というわけでもなく。
今週どうかなと思っていましたが、先々週よりも良い感じで、レッスンに向かいました。


■音階:イ長調3オクターブをつかってのビブラート。
1拍ずつスラーで、1音1音ではなく、ビブラートが繋がるように。
曲に関係なくト長調で続けてきましたが、今回は曲が曲だけに、曲に合わせてのイ長調で。

まずは、ゆっくりじっくりと思って弾いていたら、右手がちっとも動いていませんでした(^^;
アルペジオは指の間違いに注意。


■エチュード:クロイツェル13番。
分散和音、左手を重音と同じようにできる限り早く押さえて弾くこと。

左手、指を外さなくて良いところで指を外してしまってました。特に小節の頭の音がG線やD線の解放弦だったりすると必ず。
これは無意識にやっていたので、注意注意。音程の取りやすさから楽譜を見直してみます。

次回に向けての改善ポイント
・弾いていくうちに小節の頭の音が抜ける。移弦をしっかり。しかし、アクセントにはならないように。
・弦を押さえるタイミングが少し遅れるところを。
・後半のパターンが少し変わるところでは、どの音に向かっていって、おさまるのか、を意識すると、より弾きやすくなる。


■曲:フランク/ヴァイオリン・ソナタ第1楽章
テンポが緩やかで表現が求められる曲がしっくりこないので、そういう曲に取り組む試み・・・とでも言いましょうか(^^;;;

シフトの幅をしっかり意識すること。つい大きく動きがち。
8分の9拍子の1小節3拍の感覚はとれている。。。いや、あちこち問題ありますが(^^; これ、たぶん、耳コピすればもっと楽に弾けるようにも思うのだけれど、せっかくなので、ただの感覚ではなくて、自分で数えて馴染ませてから感覚でひく、というふうにしたいです。
最初の出だしと曲の途中と、音の並びは同じでもその前のピアノは全く違うので、弾き分ける事。

・・・などなど、いろいろ、楽しい時間はこれからです(^^;

 
*****
フランクのヴァイオリン・ソナタは、今でこそ素晴らしい曲だと思うのですが、初めて聴いた時には「なんだかよくわからん曲」でした。当時は、何の楽器にも触れることはなく、交響曲は聴いても室内楽は聴かない、コンチェルトは聴いてもソナタは聴かない、そんな頃でしたから、よけいにそう感じたのだと思います。
 
今回、第1楽章だけですけど、取り組み始めてみて、弾く方の「なんだかよくわからん」を存分に味わっております(^^;;;
 


-----
「HNMSレッスン384、385」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


オケ楽譜のB4化

| コメント(0)

右肩の痛みが悪化気味で、練習時間が30分もたない、いや、弾いてるときは良いのですが、後からくる・・・。

そんなわかけで、先日はレッスンをお休みにしていただいたのですが、今日のオケ練も欠席することにしました。先生にもオケの皆さまにも申し訳ないです。

それでも昨日は、オケの楽譜、これまでA4だったのを、B4に印刷し直して製本して、練習番号の追記や弓順などを転記し終えました。

20190602_DSC_0011.jpg
出来栄えをチェック中の(ΦωΦ)しょうきち

せめて、宣伝します。

奏交響楽団
第十回定期演奏会
2019年08月25日(日)
開場:13:15 / 開演:14:00
会場:ティアラこうとう 大ホール
入場料:無料
曲目:
 ワーグナー 歌劇「タンホイザー」序曲
 ウェーバー(ベルリオーズ編)舞踏への勧誘
 ベルリオーズ 幻想交響曲


-----
「オケ楽譜のB4化」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


HNMSレッスン383

| コメント(0)

■音階:ト長調3オクターブをつかってのビブラート。
1拍ずつスラーで、1音1音ではなく、ビブラートが繋がるように。
ずっと同じ調、同じ譜面、同じ楽器、同じ人(^^;なのに、その日その日で弾いてる感覚が全然違うシリーズ。

帰宅時間が遅く、エレキバイオリンでの練習しかできない状況でしたが、最初の音がびっくりするほどはっきり響きまして、何とかその響きをキープしたいと思いながら弾きました。


■エチュード:クロイツェル13番。
分散和音、左手を重音と同じようにできる限り早く押さえて弾くこと。

今回は、全体の5分の2くらいまで譜面通りの分散和音と弓順で。
→前回ちょっとやってみた時には良い感じだった右手の動きが大きすぎ。はっきり音を出そうとしすぎ。


■曲:モーツァルト/Vn協奏曲第3番KV216第3楽章
カデンツァ(オイストラフ)付きでの通し。

前回よりも、カデンツァを少しでも自由に弾けたら、と臨みました。
曲の出だしで「こうじゃないなー」という違和感があったのですが、全体を通しては前回の通しより楽しく弾けました。特に、カデンツァそのものよりも、カデンツァから戻るところが、これまでになかった初めての感覚でつながりました。

先生からも、いろいろな音の違いが出てきていて、聴いていて楽しかった。カデンツァ後の演奏をより高めるようなカデンツァになっていた。との感想をいただきました。
一方で、先生も出だしのところは気になったようで、そこを丁寧に繰り返して、この曲はひとまず、ここまで。


次回曲は、前々回くらいに「シューベルト/ソナチネ1番2楽章のようなテンポが緩やかで表現が求められる曲がしっくりこないので、そういう曲に取り組みたいのだけれど」という相談に応えていただき、、、

なんと、
20190523KIMG1881.jpg
(調号は#が3つ)
になりました(^^;;; 第1楽章に取り組みます。

*****
ここのところの週末の予定については、オケのBBQにこそ参加できましたが、その後あちこち不義理が続いており、申し訳ない状況です。
今月25日のOCSの弾き合い会もキャンセルすることになりました。
8月のオケ定演まで、発表会や弾き合い会の本番は控える予定です。

一方で、フルートさんとのアンサンブルは次回曲への取り組みがそろそろスタート。
そして、オケ室内楽会に向けて教室メンバーによるトリオ(Vn、Va、Pf)を組むことになりました。

今年はそういう年なのかも。できるだけ、ご迷惑をおかけしないようにやっていこうと思います。


-----
「HNMSレッスン383」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


HNMSレッスン382

| コメント(0)

レッスン場所と曜日と時間が変わって、気持ちも新たに。


■音階:ト長調3オクターブをつかってのビブラート。
1拍ずつスラーで、1音1音ではなく、ビブラートが繋がるように。

前々回(レッスン5回分)も前回もこの1行しか書いていないのですけど、ずっと同じ調、同じ譜面、同じ楽器、同じ人(^^;なのに、その日その日で弾いてる感覚が全然違っています。
思うようにビブラートが繋がらないな、と感じた時には、拍でとらえていなくて1音1音になっているとアドバイスされたり、
全体的になんだかちぐはぐだな、と感じた時には、重心が後ろに行きすぎた姿勢になっているとアドバイスされたり、
なんか窮屈だな、と感じた時には、右手の動きが狭いとアドバイスされたり、
ビブラートの習得もさることながら、自分で違和感をとらえて、その違和感がどこからきているのか、この先、自分の違和感を自分でどう修正していくのかということを、同じことをぐるぐると指摘されながらも、じわじわじわじわと攻めている感じです。


■エチュード:クロイツェル13番。
バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード風。
課題は、分散和音、左手を重音と同じようにできる限り早く押さえて弾くこと。

今回は、全体の5分の2くらいまで、重音のみで。
次回は、今回やったところは譜面通りの分散和音と弓順で。そこから先は、まずは重音で。

ちなみに、この弓順は、バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番プレリュードではこんな弓順では弾かない、あくまでもエチュード用弓順とのことです(^^)


■曲:モーツァルト/Vn協奏曲第3番KV216第3楽章
カデンツァ(オイストラフ)付きでの通し。

自己評価としては、音を外してる(2回目に出てきたときには外した方向とは逆方向に修正できる・・・外さないで弾けるとは書けない^^;)というより、音程が甘い(何度弾いても曖昧)のですが、全体的には音楽に乗れた感じがありました。ただ、自分で選んだオイストラフのカデンツァはまだまだ思うようには程遠く。

先生からは、3拍子の拍感がとても良かったことと、いくつか音程を狭く厳しくとるべきところと、リズムを完全に間違えているところ(^^;、そしてカデンツァについて、新たにアドバイスをいただきました。

特に、そのリズムを完全に間違えているところは、ただの付点音符です。しかし、トリルが入っているためにその付点の長さが長くなってしまってました。
もともとトリルの付いた音が長めになる癖というか傾向はあるのですけど、連休をはさんでの2週間の間に、すっかりそれで慣れてしまい、トリルを外してもリズムが曖昧というところまで悪化していました。

カデンツァについては、音程の取り方の難しいところを、理屈で(うまい言葉が見つからない)取ると安定するというか、不安要素を小さくできることをあらためて学びました。
低いほうの弦に置いた指を起点に高いほうの弦の音を取る、ということは少しずつできるようになってきましたが、高いほうの弦に置いた指を起点に低いほうの弦の音を取るのは難しいです。

次回、再度。
 
*****
 
今月25日のOCSの弾き合い会で演奏予定のシューベルト/ソナチネ第2楽章、どうも思ったようなイメージで弾けません。先日の合同練習会でもそうでしたし、、、
少しでも自分で納得できる演奏に近づくには、技術云々ではない、気持ちの面での何かが足りない気がしています。
 
10月の教室の発表会曲は、その足りない何かを追いかけてみてはどうかと思い立ちました。
しかし、はて、具体的にどういう曲に取り組めばよいのか、、、ちょっと見当がつかないでいます。
 


-----
「HNMSレッスン382」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


A4ノートPC活用

| コメント(0)

28日から帰省しています。

実家置きの楽器で練習していますが、シューベルトのソナチネの楽譜を忘れました。IMSLPからダウンロードして、ノートPCのタブレットモードで表示させてみました。

20190429KIMG1843.jpg

この写真では、PCの厚みがある分、後ろのA4サイズの楽譜(ちなみにクロイツェル13番)よりもひと回り大きく見えますが、ジャストA4サイズのWindowsPCです。楽譜の表示はひと回り小さいですが、自分だけで弾くのであれば十分使えますね。

5年前に出向した際に、とにかく自分が仕事しやすいように自費で購入したノートPCです。高解像度のものが欲しくて、たまたまディスプレイをぐるっと裏がえしてタブレットモードになるという機種しかなかったのですが、そのタブレット機能を初めて活用してみた次第。

1年前に趣向先から戻ってからは(退職して新しい勤め先になってからも)、このノートPCは埋もれていましたが、こういう使い方で活用できそうです。タブレットとしてはちと厚みも重さもあるのですけど(^^;


-----
「A4ノートPC活用」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


HNMSレッスン381

| コメント(0)

■音階:ト長調3オクターブをつかってのビブラート。
1拍ずつスラーで、1音1音ではなく、ビブラートが繋がるように。


■エチュード:クロイツェル12番。
楽譜通りの弓順で → 2拍1スラーで
カギとなる音の音程を合わせることを意識する。2通りの練習をしてみて、その効果を確認する。
→ゆっくり丁寧に弾けた気がする(当人比)、、、と思ってら、合格をいただきました(^^)
 いや、しかし、とてもいいエチュードでした。クロイツェルって、うわさに聞く後半はともかく、めちゃ基本、とても基本。

次回13番、出だしを弾いてみてくださいと言われて弾いてみると、あ、バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード・・・そんな感じのフレーズが3ページ続いています。。。
次回、まずは、途中まで重音で。


■曲:モーツァルト/Vn協奏曲第3番KV216第3楽章
最後のページから、カデンツァ含め。時間まで、後ろから前のほうへ。

エチュードの練習で精いっぱいで、曲のほうはほとんどさらえておらず、前回と同様、思い出しながらでした。
それでも、表現の幅を大きくというアドバイスが多くなってきて、ここで弾き込みには入れればとても楽しいのになぁと思います。

次回、通し。

・トリルが、通常のトリルではなくて、ターンみたいに弾くやつ
・71小節目:音を伸ばしてしまう癖を修正
・81小節目からは重音で練習しておく
・85小節目のG線解放弦
・121小節目から拍を失わないように
・141小節目から短調、弾き方を明確に変える
・211小節目の音程、しっかり全音の幅で
・252小節からのボウイング、楽譜と変えてみる
  (先生からの例をもとに自分で考えてみる)
・269小節からのスタッカート 止めず
・273小節からの重音部分の弾き方はOK
・295小節から(拍がわからなくなりがちなのでみていただいた)
・298小節目は次の小節につながるように
・382小節からの左手pizzはOK

カデンツァ(オイストラフ版。第3楽章には2か所)
217小節から
・前半狭い半音が続くことを意識する
・後半、ミ#をしっかり
377小節から
・出だしは本編のメロディと同じ
・そこから先の重音単音はフレーズ感を

全体としては、コンチェルトはオケをバックに大ホールで大勢のお客様を前に弾くことをイメージすること(特にpの音)。


*****

レッスン場所が今の近くに引っ越すことになり、連休明けのレッスンからは場所と曜日と時間が変わります。
次回から、新たな気持ちで。

曲、次回、通しとなると、次の曲も考えなくては。
オケ演奏会(8月25日)と教室発表会(10月下旬)を踏まえて考えねば。。。
これがまた楽しい時間(^^)


-----
「HNMSレッスン381」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


久しぶりのレッスン日記です。

■音階:ト長調3オクターブをつかってのビブラート。
1拍ずつスラーで、1音1音ではなく、ビブラートが繋がるように。

■エチュード:クロイツェル12番。
楽譜通りの弓順で → 2拍1スラーで
カギとなる音の音程を合わせることを意識すること。
次回、2通りの練習をしてみて、その効果を確認する。

■曲
モーツァルト/Vn協奏曲第3番KV216第3楽章を中断して、
・テレマン:無伴奏12のファンタジア第7番から1楽章のDolce(無伴奏オフ後)
・モーツァルト:ピアノ四重奏ト短調フィナーレ
・クーラウ:トリオ OPUS119
をみていただいていました。

先週からKV216第3楽章を再開、曲に再会しました。
とりあえず、いろいろ思い出しながら、ゆっくり弾いてみるところから。

前にメモしたもの:
・トリルが、通常のトリルではなくて、ターンみたいに弾くやつ
・71小節目:音を伸ばしてしまう癖を修正
・81小節目からは重音で練習しておく
・85小節目のG線解放弦
・121小節目から拍を失わないように
・141小節目から短調、弾き方を明確に変える
・211小節目の音程、しっかり全音の幅で
・252小節からのボウイング、楽譜と変えてみる
  (先生からの例をもとに自分で考えてみる)
・269小節からのスタッカート 止めず
・273小節からの重音部分の弾き方はOK
・295小節から(拍がわからなくなりがちなのでみていただいた)
・298小節目は次の小節につながるように
・382小節からの左手pizzはOK

カデンツァ(オイストラフ版。第3楽章には2か所)
217小節から
・前半狭い半音が続くことを意識する
・後半、ミ#をしっかり
377小節から
・出だしは本編のメロディと同じ
・そこから先の重音単音はフレーズ感を

こうしてメモしていたのに、すっかり忘れておりました(^^;

*****

前回のレッスン日記のレッスン日が3/6、そこから右肩痛みのブロック注射を受けつつ、オケ練に参加しつつ、転職内定、退職手続き、翔んで埼玉、入社ガイダンス、カミさんの抜釘手術入院、無伴奏オフ、クラきこ演奏会、入社、発表会を作ろう!合同練習会、と続く中、レッスンは続けていました(1回休んだだけで乗り切りました)。

しかし、練習時間確保のペースは全くつかめていません。

レッスンも、練習できていれば先に進めるところ、行きつ戻りつとなっていますが、先生はその日の状態に合わせてくださるので、とても助かっています。


-----
「HNMSレッスン376、377、378、379、380」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


4月7日(日)mixiコミュ「クラシック音楽発表会を作ろう!」の合同練習会に参加しました。

今回は声楽の方が多かったです。このコミュニティに参加したころは人の声に圧倒されて疲れてしまうほどでしたが、ずいぶんと自然に聴けるようになったなぁと思いました。

自分のほうは、2曲。
(映像無し、録音のみ)

■クーラウ作曲
 トリオ OPUS119
 (フルート、ヴァイオリン、ピアノ)

昨年9月8日(土)の「クラシック音楽発表会を作ろう!」でのヘンデルのトリオ・ソナタに続く第2弾。

20190407_Kuhlau_trio.mp3

・・・譜面を見ての印象よりも難しい曲でした(^^;
フルート、ヴァイオリン、ピアノのトリオの曲は、今後も続けていきたいと思っています。

■シューベルト作曲
 ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第1番D384第2楽章

第1楽章にチャレンジした昨年11月23日のmixiコミュ「Concerts for Week-end players」の「日々の勤労に感謝して演奏を楽しむ会」に続く第2楽章。

20190407_Schubert.mp3

・・・上のトリオに続いての演奏で、気持ちを切り替えたつもりでしたが、最初から最後まで曲にうまく乗れないなぁというもどかしさから抜けられませんでした。

なお、この曲の第1楽章と第2楽章は、5月25日(土)の表参道クラシックスペース(OCS)弾き合い会で、再チャレンジの予定です。


-----
「「クラシック音楽発表会を作ろう!」合同練習会」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


あたたかいまなざしの演奏会
@渋谷ホール&スタジオ 5Fホール

3月30日、56回目の誕生日は「あたたかいまなざしの演奏会」に出ていました。

Facebookグループ「クラシックを聴こう!」の「ヘタ限定」=「失敗していい、間違ってもいい。演奏してみよう、みんなで音楽を楽しもう」という趣旨のイベントです。
演奏以外にも副幹事を仰せつかり・・・と言っても、プログラムを大型液晶モニタに表示するためのノートPCを提供しただけですが(^^;

演奏したのは3曲です。
下手でもこんなに楽しく弾いてましたというのが伝われば良いのですが。


第1部に
■モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章、第4楽章
言い出しっぺの方のアイネクを弾きたいという呼びかけで、ヴァイオリンからコントラバスまで8人が集まりました。
この曲は2ndVnが楽しいので、はじめ2ndVnを希望したのですが、人数バランスとわずかな経験から1stVnでコンマス席(^^;

第4楽章のザッツはリハでこう出すって言っていたのに間違えましたm(_ _)m


続けて
■Mazas 弦楽四重奏曲
プログラム上、アイネクに続いて、アイネクから2名抜けての6人での演奏。
初級者が弦楽四重奏ってどんな感じ?っていうのを知るには最適な曲だと思います。

まさに初級者だった頃(2年目から3年目あたり)から弾く機会があればと思っていた曲ですが、自分を初級者というのをやめて数年の今でもちゃんと弾けてない(^^;


第5部に
■モーツァルト ピアノ四重奏ト短調フィナーレ
こちらは、ピアニストさんが言い出しっぺで、ヴァイオリンどうですかと幹事さんから薦められての参加です。

出だしは固かったのですが、だんだんほぐれてきまして、後半の最高音域はを何とか乗り切ってからは、もう楽しすぎて、にこにこしながら弾いてました。


第1部から第6部+お楽しみコーナーまで、長時間でしたが、聴いて弾いて聴いて振って聴いて、あっという間でした。

第6部では、全員でのハッピーバースデー演奏(サプライズではない)では指揮をさせていただきました。

こんな誕生日は、望んでも得られるものではありません(^^)
ありがとうございました!


あたたかいまなざしの演奏会、次回は今年11月30日(土)会場同じ、です。
ご興味ありましたら、
https://www.facebook.com/events/318820205655041/
まで。


-----
「あたたかいまなざしの演奏会」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


無伴奏オフ@空音舎

| コメント(0)

3月24日(日)、直前での参加キャンセルがあったとのことで、急遽、無伴奏オフ@空音舎に参加することにしました。

20190331_MUBANSO_01_KIMG1822.jpg

(写真の生き物はチベットスナギツネとのことです。)

転職という大きな節目を迎えることになり、参加できるとなったら無伴奏曲を弾いてみたいという気持ちが止められず。

何か曲の用意があるわけではなく、前日に選曲。
バッハ無伴奏は生きている間にパルティータ3番だけは全曲、と思っていて、2015年に「プレリュード」2017年に「ブーレ」「ジーグ」にチャレンジしました。しかし、いま、まだ次の曲に取り組みたいという気持ちが熟していません。
そこで、テレマンの楽譜を引っ張り出してみました。結果的にキャンセルされた方と曲がかぶってしまったのですが、無伴奏12のファンタジア第7番から1楽章のDolceを選びました。

当日つぶやきましたが、弾き間違いはともかく、どう弾きたいというところが無い演奏になってしまいました。

(人前で弾いた場合にはそれをブログに載せると決めているのでブログには載せますが、いかにも練習2日目という内容です。いつものように動画を撮る用意ができず、録音のみです。)

20190324MUBANSO_telemann_7_dolce.mp3

これもまた良い経験となりました。。。ともつぶやきましたが、曲への向き合い方を確認したくなって、先週のレッスンで先生にみていただきました。
人前で先に弾いてからレッスン受けるというのは初めてかもしれません。

ひとつひとつの音符&休符にフレーズ、どう感じ取るか、感じ取ったものをどう弾けば伝わるのか、本番前に1日しかなくても、こういう風に向かい合えば、少しでも気持ちを音に変えることができたかもしれない、と思えたレッスンでした。

本当に良い経験となったと思います。


-----
「無伴奏オフ@空音舎」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


月別 アーカイブ