46歳からのバイオリン練習日記 のんびり楽しく。
バイオリンレッスン開始から日です。

りはびり2

| コメント(0)

4/22(水)
ウォーミングアップの後に、2オクターブ音階全調。短音階の第3音が甘くて明るい短調になりがちなことを思い出す。
調号の♭や♯の数が4つ以上になると、音階はまだしも、アルペジオはちゃんとその調号を頭に入れてからでないとわけわからんということを思い出す。
思い出せただけ良しとして、1時間で終了。楽しかった(^^)

4/23(木)
ウォーミングアップの後に、ウォルファールト60のエチュードの1番から20番まで。ちなみにウォルファールトは10年くらい前にIMSLPからダウンロードして簡易製本したもの。これを手に取るのはたぶん7~8年前に1回全部通してみて以来なので、ほぼ初見。
20200423DSC_0554.jpg
そうだ、弾いている音の先の音符を見る訓練にしようと決める。
しかし、ほぼ初見だとウォルファールトの最初の20曲レベルでもぐだぐだ。
何度も練習してからであればたぶんそれなりにできるようになるはず、と気を取り直して、1時間で終了。楽しかった(^^)


-----
「りはびり2」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、SLANが2020年4月23日 22:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「りはびり」です。

次の記事は「水戸芸術館サウンド・ライブラリー「新ダヴィット同盟」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ブログ村ランキング