46歳からのバイオリン練習日記 のんびり楽しく。バイオリンレッスン開始から日です。

奏交響楽団 第2回室内楽演奏会

| コメント(0)

11月16日(土)奏(かなで)交響楽団の第2回室内楽演奏会に参加しました。

20191108_70011089_2470816176314669_6813185107877167104_o.jpg

作曲者だけ並べてみても
 1.Fg2重奏 / モーツァルト
 2.Vn2重奏 / ハイドン、レスピーギ
 3.Cl4重奏 / グレン・ミラー
 4.Ob4重奏 / すぎやまこういち
 5.Vn.Va&Pf / フックス
 6.Cl&Pf / パスカル
 7.Fg4重奏 / プロコフィエフ、ビゼー、星野源
 8.高橋クインテット / シベリウス、モーツァルト
 9.木管五重奏 / ミヨー
という、このオケの幅広さがそのまま出ている感じでした(^^)
ちなみに高橋クインテットというのは、5人の高橋さん(指揮の先生Vn含む)の弦楽合奏です。
 
僕は、5.Vn.Va&Pf / フックス「7つの幻想的小品 Op.57 から第1番」を、同じ教室のメンバーで組んで演奏しました。

 
3人とも10月末の教室発表会から2週間余りだったこともあり、先日書いたレッスンの時、土日で7時間くらいの時間をとって計30分くらいしか合わせなかった時、当日のリハ、とだんだん合い始めたかな?という段階。
全くの弾き込み不足ですが、合い始めて面白くなってきたこともあって、とても楽しかったです。
調子に乗りすぎて一瞬、ここは誰?私はどこ?状態になって、そのまま楽譜1段分完全に落ちましたけど(^^;
 
次回、9月に予定されている第3回室内楽演奏会も3人で出ようと話をしています。
フックスの7つの曲を進めるのか、別の曲にするのか、はてさて(^^)
 
後日の噂では、指揮の高橋先生が、難しい曲チャレンジしてえらい!奏の室内楽演奏会にあっている!と仰ってくださったとのこと。
ありがとうございます(^^)
そうか、やっぱり、この曲、難しいんだ(笑)
 
奏交響楽団の皆さんはたぶんご存じないけど、僕はこの音楽歴10年の間、チャレンジしかしていないので、チャレンジすることだけは自信あります。
 
そんな人が2ndVnのトップ代理をやっている奏交響楽団では、弦楽器の団員を募集中です!
(んー、そんな人が2ndVnのトップ代理をやっている、というのは、団員募集にプラスになるのかマイナスになるのか^^;)
 
次回演奏会は、2020年3月1日(日)です。
曲目は、
・ブラームス 大学祝典序曲
・ボロディン 中央アジアの草原にて
・カバレフスキー 組曲「道化師」(抜粋ではなく全曲やります!)
・ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」
・・・やばい、あと3か月しかない。


-----
「奏交響楽団 第2回室内楽演奏会」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m

コメントする

月別 アーカイブ

この記事について

このページは、SLANが2019年11月29日 00:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「HNMSレッスン403」です。

次の記事は「弦楽四重奏演奏会@吉祥寺 mj smile」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ブログ村ランキング