46歳からのバイオリン練習日記 のんびり楽しく。バイオリンレッスン開始から日です。

2011年1月アーカイブ

ココログ→連携→Twitter→連携→mixi での私信です(^^)


-----
「私信です「『祭』再放送忘れてない?」」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


20101205発表会のこと

| コメント(4)

2010年12月5日(日)

自分のリハーサルの時間に間に合うように行けば良かったのですが、少しでもはやく雰囲気に慣れようと、会場が開く時間に向かいました。

こぢんまりしていながらも、雰囲気のある会場。

ピアノで発表される何人かのリハーサルを聴いてから、いったん自宅に戻り、最後の練習をしました。

リハーサルでは緊張して慌てた演奏になってしまいましたが、K先生から声をかけていただき、落ち着くことができました。

本番前には、仲間3人とカミさんが聴きに来てくれて、励ましていただきました。

控え室で、一緒に待ってる方にひと言断って、ちょっと音出しして。

本番。

 

バッハのブーレ(無伴奏)

※「バッハ無伴奏チェロ組曲第3番 V. Bourree I-II ヴァイオリン版(無伴奏)」
 

この曲にチャレンジし始めて半年の間、いろいろなことがありました。

嬉しかったこと
わくわくしたこと
落ち込んだこと
ふりまわされたこと

楽しげなフレーズに楽しかった思いを
悲しげなフレーズに悲しかった思いを

そこにいる人へ
そこにいない人へ

届け

そう思って、弾きました。

 

仲間が録音してくれた音を聴くと、とてもへたくそです。
K先生は「あそこまで上手くなっていたのは驚きでした」と言ってくださいましたけど、弾ききれたと言えるかどうかもぎりぎりでした。

でも、弾き終えたとき、自分にできることを全部出せたと思いました。
どう弾いたらいいか、直前の1週間で考えて考えて、弾きながらも考えて、こんなにこだわって曲を弾いたのは初めてでしたけど、悔いのない演奏ができたと思っています。

聴いてくれた仲間から「伝わってきたよ」って言ってもらったこと、ずっと忘れずにいたいと思っています。

報告が遅くなっちゃいましたけど、来てくださった皆さん、応援してくださった皆さん、どうもありがとうございました。


-----
「20101205発表会のこと」が良いなと思ってくださいましたら、
こちらを にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ ぽちっとm(_ _)m


このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ブログ村ランキング

月別 アーカイブ